ボルゾイオズの足の震え » ボルゾイとバーニーズのおもちゃな家 | 大型犬ならではの情報
You are here: Home > わんこと行けるスポット, わんこ達の紹介, 使えるグッツ, 未分類, 病気やけが > ボルゾイオズの足の震え

ボルゾイオズの足の震え

あと1か月でオズも12歳です。

長生き~ぃ!!うれしい限りです。

 

が、

 

足が震える時があります。

長く散歩させるとなったりします。

今は老犬なので、長い散歩もしませんが、

9歳位からその様な症状が現れました。

 

擦ったり、休ませたりしても直ぐ症状は現れました。

平気な日もあります。

IMG_2035

 

ある時、甘いもの好きのオズのために、甘いお菓子、クッキーだったり、飴だったりを休憩中にあげました。

するとしばらくして震えも止まります。

 

低血糖なのです。

 

犬は糖質はいけないとか、甘いものはダメだとか、間違った常識があります。

もちろん太った犬は制限が必要ですが、オズは痩せています。

全盛期は46キロもありましたが、今は36キロ台です。

まぁ、46キロというのは太り過ぎで、オズの体格だと38キロから42キロ位が妥当です。

ダイエット食で42キロ台を維持していましたが、

数年で徐々に痩せてきました。

 

話を戻します。

 

人間もそうですが、空腹になると手が震えたり、足が震えたりする人もいるでしょう。

そういう時に飴やチョコを食べるて暫くすると治ります。

同じことです。

 

低血糖にさせなければいいのです。

 

オズは、アウトレットで散歩する時、ミルキーなどの飴を持って行きます。

休んでいるときにあげます。

まぁ、忘れた時はアイスやクリーム系の甘~いのを買ってあげます。

適当にあげていると震えることはありません。

でもチョコはNGですよ!血液が溶けちゃいます。

 

最近では、夕飯のすき焼き風ごはんに砂糖を多めに入れて甘くしてあります。

 

年取ってそんなに糖分とったら、長生きできないと思っている方も居るでしょう。

でも違います。

すでに長生きなので、好きなものを食べさせて、体重が減らないように管理することが重要だと考えます。

 

他の記事でUPしていますが、足首のカクカク症状もあります。

いい方法が見つかりました。

それはテーピングです。面倒なのですが長いお散歩にはとても良いです。

その巻き方は別の機会にUPしまーす!

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply