You are here: Home > ふりーソフト > DSDS一か月のリアル経費は?

DSDS一か月のリアル経費は?

何度かご紹介していますが、スマホのDSDS(詳しくはこちら)は実際どのくらいの経費が掛かっているのでしょうか???

DSDSの魅力は、使い方で安くなることです。

我が家の場合、妻と私でスマホが計2台。

両方ともDSDS機です。

 

使い方は音声SIMが2枚(2台分)+データSIMが3枚(スマホ2台とPC1台)

・Ymobileの(24時間365日どこでも誰でもカケホーダイアプリ未使用)SIM2枚

・BB.exciteの(最適料金プラン3枚コース)SIMが3枚

 

請求はYmobileが2枚分合算。

BB.exciteが3枚分合算。

 

実際の直近2月の請求は????

Ymobile   2枚分合算4,699円(税込み)

BB.excite  3枚分合算2,423円(税込み)

 

つまり 一人一か月では3,561円(税込み)となります。

 

なんて安いんでしょう。

 

しかし、問題もあります。

それはデータ量です。

自宅も会社もwifi環境が整っているので、

3枚あるSIMの合計データ量は3ギガ程です。

youtubeなどの動画はwifi環境下で見ている事が多いので、

ラインなどのデータとナビタイムデータが主です。

外出時にPCのデータ、エクセルを主にアップ、ダウンロードします。

 

仕事上電話はかなりします。

くだらない電話でも1回に10分は使うので、5分カケホーダイなどはカケホーダイにはあたりません。

DSDSスマホも10,000円程度で入手できるようになりましたので、

スマホのガラスが割れたとしても、バッテリーが弱ったとしても、修理代位で新品が買えてしまう上、

ニューモデルも買えてしまいます。

24カ月の分割と考えると毎月420円程度でしょうか。

 

ヘビーなiPhoneユーザーでしたが、拘るメリットとアンドロイドDSDSに変えたメリットを比べれば、

DSDS機の購入を考えてみた方がよろしいかと思います。

2年縛りが・・・と思っていても、毎月4,5千円安くなると思えば、途中解約してもすぐに取り戻せます。

3年以上DSDS機を使っていて、不満と言えばNFCが使えない事です。

かざしてキャッシュレスの様なものができない事です。(高価な機種は内蔵しているものもあります)

しかしこれもmicroSDカードに内蔵したものが夏までには発売されそうなので(3千円程度)、

益々DSDS機の人気が高まりそうです。

 

興味が出ましたら、色々と調べてみてくださいね。

 

 

 

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

1つのコメント こちらの記事に➡ “DSDS一か月のリアル経費は?”

コメントする