You are here: Home > 未分類 > アナログレコードをPCへ

アナログレコードをPCへ

昨日、屋根裏を整理していて、レコードプレーヤーを20年ぶりに出してきました。

レコードも100枚以上ありますが、保管状態が悪く歪んでしまっているものも多いです。

その中でも、もう一度聞きたいなぁ~と思うものもあり、

デジタル化させてみたいと思いました。

早速検索すると、

こんな製品がありました。



I/Oデータの「アナレコ」AD-USB2 と言う製品です。

アマゾンで3900円程度です。

プレーヤーを接続し、パソコンにUSB接続で専用ソフトで録音します。

こんな感じです。





製品はコードのみという感じですが、

優れモノです。

 

レコードプレーヤーは出力が小さいので増幅しないといけません。

それにレコードの場合、ただ溝が切っているわけではなく、

高音は大きく、低音は小さくされています。

*なぜ?ってですか?

はい。それはこの後で!

 



 

増幅と、この大小を復元するのにフォノイコライザーと言うものがひつようになります。

通常はこのフォノイコライザー本体が必要なのですが、

なんと「アナレコ」には内蔵されています。

 

つまり

 

こんなコードだけでパソコンに録音できると言う、なんとコスパに優れたよい物なんでしょう!

 

昔の音を聞きたいなと思った人は、ぜひどうぞ!

 

学生の頃、何十万もオーディオに費やしたあの頃が、きっと蘇ってきます。 😉

 

ところで、

*なぜって?がありましたね。

こちらが参考になりますよ。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

1つのコメント こちらの記事に➡ “アナログレコードをPCへ”

  1. fu より:

    あ。録音はアナログなのでLPの時間たっぷりかかりますよ。
    振動もさせられないし、昔は針が飛んだりするとカセットの録音やり直しだし、レコードに傷がついて買いなおしたり・・・・・(笑)

コメントする