You are here: Home > しつけ, わんこ達の紹介 > 気が付けば仲がいい

気が付けば仲がいい

静かにしているなぁと思っていると、



仲良くこたつの横で寝ています。

さすがに我が家はリビングが7畳と言う事はありませんが、

狭いリビングでもこれなら大丈夫!



鼻を付け合わせて寝ている時もあります。

安心するのでしょうかねぇ?!

気が付けば仲良ししています。

ただし、ガムの取り合いは猛獣化します(笑)

 

余談ですが、

2年弱前に極狭リビングにバーニーズ5頭、

ボルゾイ1頭飼いの家がTVに出ていたそうです。

まぁ、放送後、虐待だ!可哀そうだ!ってありましたけど、

両犬種の飼い主としてひと言申せば、これは「あり!」です。

実際のお宅の生活を見ていませんし、TVも見ていませんが、

狭いだけなら十分問題ありません。

よほど外飼いで鎖に繋がれているわんこの方が気の毒です。

犬小屋に人が住まわせてもらっていると思えば、結構大きな犬小屋ですよ(笑)

 

我が家も全室、お風呂、トイレ、キッチン、ベランダも自由に行き来できます。

(犬小屋に人も住まわせてもらっている状態)

雨の日は絶対に散歩は行きませんし(笑)、仕事が忙しい日は散歩もしません。

それが我が家のリズムなのでわんこに慣れてもらえば大丈夫です。

今では雨が降ると散歩どころが、庭に出るのも嫌がっています。(笑)

また、

柱をかじる事がストレスなんて笑っちゃいます。

その行動は単にわがままです!駄々こねているだけです。

それに大型犬は当たり前です。破壊魔の時期があるんですからね。

犬のストレスの原因は、飼い主が気が付かない事です。

これは、わんこがどうしたいか?なんで気が付いてくれないの?と思う事です。

よく他の人から言われる事に、「わんこによく話しかけているよね?!」と言われます。

犬だから言葉がわからないと言うのはウソで、

人の言葉、言い回し、強弱にわんこは敏感です。

喜んでいるのか、怒っているのかすぐにわかります。

号令は嫌いなので、できるだけ言葉で伝えます。

例えば、

お手も、伏せも

「ボーちゃん!お手ちょーだい」「ボーちゃん!伏せしてください」

「はーい!おりこうさん!」

「お手!」「伏せ!」だけの命令口調にならないようにします。

覚えさせるときは「お手!」「伏せ」ですが、徐々に変えていけば会話です。

 

ベッドにメイちゃんが居て、隣のベッドにどいてもらうときに、

「メイちゃん。ちょっとそっちに行ってくれないかなぁ?」

メイが移動する

「ありがとう!メイちゃん、ちょっと待っててね」

掛け布団を戻す

「はい!いいよ!メイちゃん。今度はこっちで伏せしてて。」

メイが移動する

「おりこさんだね!いいこだね。メイちゃんはおりこうさんだ!!ありがとう。」

という感じです。

ボーもまだまだですが少しできてきました。

「ボーちゃん!どいて!ソファに行って?」

「こら!キッチンに入っちゃダメ!はい。バックオーライ、バックオーライ」

怒られるときも言葉のニュアンスで感じ取っています。

 

夫婦の会話より、お互いに犬と会話している方がもしかして長いかも・・・(笑)

 

 

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

コメントする