You are here: Home > 未分類 > GoToキャンペーンを考える

GoToキャンペーンを考える

結論から言うと、この予算を全て災害に投入すれば良いと思う。

1.7兆円もの税金を投入しているにもかかわらず、

都民、20代、高齢者を除外する(団体旅行等)などど赤羽氏が発言しているが、

その対象は税金だけ取られ恩恵を受けられない。この不公平感は考えられないのだろうか?

 

国民の意見を聞いてと言うが、

意見の前に気が付かないのか?国民からかけ離れた存在なんだろう?

何の代表者なのだろうか?

 

そもそも、

 

その税金を豪雨災害へ全て投入できないものだろうか?

特定非常災害として認定し、4000億円投入したところで、被害を受けた方々はキャンペーンどころではない。

額が少なすぎる。

直ぐに元の生活に近い形に戻すにはお金が必要だ。

もっともっとひとかどの人間が政治家として存在しないものか?

 

東北の津波を間近に感じている者にとって、税金とは何?と思ってしまう。

 

観光を促進させるのは、そんなキャンペーンなど不要。

政府が安全だからと言えばそれで済む話。

何も対策ができない政府が言えるわけはない。

東京都を批判する西村氏も何も策を講じられていない。

 

そもそもコロナ禍で給料が減ったり、職を失ったり、旅行できるのは一部だろう。

旅行に行くのなら、平日空いている時に行けばいい。

 

少しボヤいてみました。

お気に召さない方は無視してくださいね。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

1つのコメント こちらの記事に➡ “GoToキャンペーンを考える”

  1. fu より:

    明日からGoToトラブルキャンペーンが始まります(笑)
    旅行会社、宿泊施設は登録申請が必要にもかかわらず、今日から申請です。
    旅行者よりも事業者が心配です。

    観光庁からバカな内容が発表されています。
    気になる方はご覧ください。
    https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001355151.pdf

    旅行会社や宿泊施設が業務妨害されているので、裁判するところが出てきても不思議ではないですね。

コメントする