You are here: Home > 未分類 > 福島「しゃぶしゃぶ温野菜」爆発は・・・

福島「しゃぶしゃぶ温野菜」爆発は・・・

事故の状態はこちら

爆発の状態を見る限り、店舗の中にガスが充満してそこに引火して様に見えます。

爆発があった現場(30日午前、福島県郡山市)=共同
日本経済新聞から

こういう事故があるとすぐにプロパンは危ないというコメントの報道が出ます。

 

取材では検知器、警報機は付いていると言っていますが、

その前にマイコンメーターが付いているはずです。

通常住宅では、マイコンメーターは優秀で、地震、ガス漏れ、ガス圧、消費量を管理しています。

異常に使用量がいつもと違うと、メーターがガスを止めてくれます。

例えば、電気温水器やソーラーでお風呂を沸かしていたとして、

機器の不具合で給湯器を使ったとします。いつもと消費量が違うので、ガスの供給をストップします。

メーターに行ってボタンを押し、1分程(この間にガス漏れなどをチェックしている)経つと復帰します。

もちろん都市ガスにもついています。

 

温野菜は店舗なので相当量のガスを使います。とろ火程度のガス漏れがあると、マイコンメーターで検知しない場合があります。

プロパンだから危険と言うのは大昔の話です。

今は地震で供給ラインがストップする都市ガスよりも、災害対策として有効な手段です。

プロパンは供給ラインがボンベからなので自宅で完結します。

 

都市ガスは供給ラインがストップすると配管点検、設備点検で1週間以上供給が止まり、ガスが使えない、すぐ使えない等の問題があります。

東北の震災で友人宅はプロパン、自宅以外は都市ガスを使っていたため、周辺家庭に炊き出した事例があります。

 

現在は自然災害が多くなっています。万が一のための備えも考えるとプロパンの有効性はかなり高いと思います。

 

プロパンは危険という概念は過去の物です。今回の事故は都市ガスでも起こりえる爆発だと思います。

 

*管理人はプロパン業者でもありませんが・・・・そういう考え方をしています。

 

 

 

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

コメントする