You are here: Home > しつけ > 頭の良い犬&悪い犬ランキング!

頭の良い犬&悪い犬ランキング!

The Intelligence of Dogsという本に、

頭の良いわんこグループ分けしたランキングがあります。

この本のランキングを見ると、

新しいコマンドを教え、教えた回数とそのコマンドに対し、何回で実行するかを基本にランキングされているようです。

下記の1から10位まではBrightest Dogs(賢い犬)として分類されています。

1.ボーダーコリー
2.プードル
3.ジャーマンシェパード
4.ゴールデンレトリバー
5.ドーベルマン
6.シェルティー
7.ラブラドールレトリバー
8.パピオン
9.ロットワイラー
10.オーストラリアンキャトルドッグ



27バーニーズマウンテンドッグ



134ボルゾイ(笑)

だそうですよ。

ボルゾイの分類は Lowest Degree of Working/Obedience Intelligence

要するにおバカちゃんな犬です。(笑)

 

それでも、

 

ボルゾイを育てるには楽しみがいっぱいあります。

 

特に、ノーリードで指示に従えるようになるのは、とてもしつけが成功し、飼い主にとっては素晴らしい出来事です。

正直、我が家で飼っていたわんこの中で、ゴールデンは最高の知能だと思います。

一緒に居て、仲のいい友達として居られます。時には恋人(笑)とも思います。

 

ゴールデンのノーリードができるまでと言えば、5か月位でも完璧です。

逆にリードを嫌がる位です。

ぼーちゃんの場合は3年です。(笑) 先代オズは1歳半位でした。

時間がかかるのが当たり前なので、根気よく教えて行けばそのレベルに達すると言う事です。

 

バーニーズですか?

バーニーズは飼い主が大好きなので、飼い主と分かれば簡単です。

それまで一緒に遊んで信頼関係を整えましょう!

 

 

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

コメントする