You are here: Home > 未分類 > 寝室のシャープ製エアコンのファンをお掃除

寝室のシャープ製エアコンのファンをお掃除

2年程前に寝室のエアコンファンを清掃したのですが、

なにせ24時間250日以上は連続稼働しているので、ファンの汚れが凄いです。

フィルターは自動ですが、このシロッコファンとかクロスフローファンとか呼ばれている箇所がホコリとカビで凄い事になっています。

画像は日立白くまくんより

どのメーカーでもこのファンは簡単に脱着できません。

これはメーカーが故意にやっているようにしか思えません。

簡単に脱着できる構造にすることは容易です。

エアコンの効きが悪いなぁ?と思いましたら、この部分が凄い事になっています。

みなさんも見て見ぬふりをしている箇所だと思います。掃除機で吸ってどうなる部分でもありません。

ウォッシングです!(笑)

業者に頼むとお掃除ロボ付きは安い業者で大体12,000~13,000円位です。

何でもできちゃう私(笑)は自分でやりますが、今、2時間位かかりました。

フィルターは自動じゃなくて良いので、このファンの「脱着」簡単になりませんかねぇ???メーカーさん!!!

ところが、日立白くまくんのエアコンは、このファンのお掃除を自動でやってくれる機種があります。

この白くまくんサイトでも説明がありますが、ファンは2年でたっぷりホコリを抱き込みます。

なぜ今までメーカーは放置していたのでしょうか??

今後、ファンも掃除できるエアコンが増える事でしょう。期待します!

 

他に、

TV通販でもエアコンクリーナースプレーを見かけますが、これを使い一度にホコリやカビを除去すると、ドレーンが詰まって室内機から水が漏れてきたりします。

この状態は結構聞く話です。実は我が家もそうです(笑)

室内機から水が漏れる症状では、この他に室外機付近のドレーンが詰まる原因があります。泥や土、また途中で折れたり、物で塞いでいたり様々です。

ドレーンの長さだけ水が溜まって漏れてくる症状です。

エアコン稼働中に室外機付近のドレーンから水が出ていれば問題ありません。

室外機付近で詰まる症状であれば、詰まりを取れば良いだけです。

室内機付近で詰まると分解しないといけませんが、無理やり通す方法も実はあります。

室外機のドレーンホースから通線ワイヤーを通していきます。(Amazonで1,000円強)我が家の詰まりはこれで解消しました。

通線ワイヤーとはこちらです。

先端直径7mmΦ位なので室外機のドレーンからドンドン入っていきます。水が出てくれば詰まりは解消です。

室内機に到達するまで水が出てこないと壁付近か室内機で詰まりがあります。壁付近は90度近いのでワイヤーは入っていきますが、引き出す時に引っかかる場合があります。この場合何度か細かく出し入れすると抜けてきますが、個人の責任で作業をしてください。

 

また、車のエアコンですが、燃費を気にして夏しか使わないという方は要注意です。

エアコンのフロンには潤滑液が入っていますが、フロンと潤滑液は分離しやすく、エアコンを停止させている期間が長いとこのオイルだけが部分的に切れ(油膜切れ)、エアコンの接続Oリングを劣化させたりコンプレッサーの焼き付きなど壊す原因となります。

少なくとも1週間に1度はエアコンを作動させてフロンガスを循環させないと、節約させたガソリン代をはるかに上回る修理代が待っています。

お気をつけてください。

機械ものは一度動かしたらこまめに作動させないと壊れるものです。

まぁ、我が家の犬部屋(私たちの寝室ですが)のエアコンは普通のお宅の何十倍も働いてくれています。

エアコンに感謝です!

 

*自分でファンを洗うには、道具が要ります。

噴霧器、エアコンカバー、ホース、タンク(灯油タンクなど)、洗剤(カビキラーなど)、ウエス、お湯など

準備にお金がかかります。

分解してファンだけ取り外す方が簡単な場合もあります。(我が家のリビングはお掃除ロボ付きでも分解の方が早い)

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

1つのコメント こちらの記事に➡ “寝室のシャープ製エアコンのファンをお掃除”

コメントする