You are here: Home > 未分類 > 23年も使った食洗機を交換!

23年も使った食洗機を交換!

食洗機は必須アイテムです。

ビルトインに限ります。

以前の家にも、現在の家にもビルトイン食洗機を入れました。

現在の家にはコンパクトでも容量がある程度確保されるパナソニックNP-U30A1P1(幅30Cm)。

使い勝手も良く、重宝していました。しかし、製品の耐久性が全くなく、修理・修理・修理・修理(全部自分でですが)とごまかしながら使っていました。

しかし、

2年ほど前に漏電の原因が掴めず、ついに停止。

やはり不便!不便!不便!

特別定額給付金の一部を使い、食洗機を購入です!

取り換えは当然私!

 

まず、何より違いは食洗機の大きさです。

パナソニックは幅30cmです。



写真がちょっと汚いですが、

現在はこのサイズの食洗機は販売されておらず、

45㎝幅の物しか新品では手に入りません。

 

ではどうするかと言うと、

システムキッチンの流し台下収納庫の半分を利用します。



先ずは元の食洗機を取り外します。

何度もやっているので3分程で空っぽになります。

そのあと、

片側扉を外し、その中に食洗機を埋め込みます。



とは言っても、簡単ではありません。

奥行を作らないといけません。

奥の仕切りを食洗機のサイズに合わせカットします。



既に混合栓の目隠しは外しています。

えんぴつで引いたラインをカットし、仕切りを全部カットします。



まだ大雑把なので削って平らにします。

右の壁に元の食洗機があったので、配管、電源を通すため貫通穴を開けます。



ホルソーが見当たらないので、ドリルで揉んで開けちゃいました(笑)

設置用のガイドを貼り、ステーを前後に取り付けます。



とりあえず、仮に食洗機を入れてみます。



配管を貫通穴に通しながら、押し込んでいきます。

開閉などを試し、問題なければ

隣の(元の食洗機スペース)配管に繋げます。



多少給水側元のパイプにRをつけました。

なんだか汚らしいですね(笑)

接続を完了してテスト稼働させます。

問題なければこれで取付は終了です。

ここまで1時間半位でした。

 

完成!

 

ではないです。

実はここからが大変。まぁ、これで良ければいいのですが、

食洗機を入れたスペースの収納庫が無くなってしまいました。

当然、古い食洗機スペースに棚を作り、扉を作ります。

 

まず、嫌いなコーナンに行って、コンパネを買います。

今回は面倒なので、切ってもらいます。

コーナンのアプリを入れると10か所まで無料で切ってくれます。

設計図を渡します。



 

こんな感じのを渡しました。販売しているコンパネサイズは1800mm×900mmでした。

ちょっと図面と違いましたが問題ありません。

12か所カットでしたが、2か所オーバーなので30円×2=60円です。

楽ちん!今度から切ってもらおう!と思いました。

 

ちょっと話がそれましたが、こんな感じで中の棚を作成です。



外した45cm側の扉を30cm幅に切らないといけません。

切って、扉の元ヒンジを利用して取付ます。



まだ、サイドの加工が適当なので見栄えが悪いですが、

とりあえずこのままで・・・・・

後日加工し直しです。

棚を作り、扉を切って取り付けるのに4時間程かかりました。

 

では実際購入した食洗機はこちら

RKW-404A-SV リンナイ製

なんとなんと!36900円(税込み送料込み)!!!

ビックリです!!!

購入店はこちら

生活堂

欲しい方は早く買わないと無くなりますよ。

1週間で50個位売れています。

 

この食洗機は化粧パネルが別売で各色あります。

でも1万円以上します。この後べニアにカッティングシート貼って

偽て見ようかと思います。色が気にならない方はそのままでも使えます。

メーカーによっては必ず化粧パネルが必須な物も中にはあります。

 

 

やればできる!って事でした。疲れたぁ~!!

 

追記

*設置説明書のリンクを貼っておきます。

スペース確認される方は図面を見て測ってください。

設置説明書

 

 

——-ここからは後日談です!——–

パネルを変更しましたので、アップしました。

このタイプはそのままでも使えますが、厚み2mm程度のべニアにカッティングシートを貼れば簡単です。

まず、本体からパネルを外します。



外すとこんなになっています。

側面下側2か所のタッピングを緩め、左右真ん中辺りにパネルの止めフックを指で外せば直ぐに取れます。

パネルを分解します。

タッピングで何本かと待っているだけなの簡単です。

パネル単体にし、べニアに当てて鉛筆でトレースします。

少し内側をカッターで切ればこんな感じです。



このべニアに嫌いなコーナン(笑)で買った近似色のカッティングシート(幅45cm長さ50cmで204円)を貼ります。

すると



なんだか純正パネルの様です。

枠を取り付けると、



全く見劣りしません。

 

変更前の写真はこちら



変更後の写真はこちら



はい!出来上がり!!

 

まだ、扉などのサイドの加工をしなくては・・・

*どうせならドアパネル全部カッティングシート貼ればカラーが揃えられますねぇ。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

1つのコメント こちらの記事に➡ “23年も使った食洗機を交換!”

  1. fu より:

    食洗機の保有率は30%に満たないそうです。
    なおかつ、ビルトインの保有率は21%程度だそうです。
    保有していても使わない家庭もあるそうで、我が家にとっては信じられません。
    冷蔵庫・洗濯機・掃除機についで必須な家電です。
    手洗いよりも確実に綺麗になります。ツヤツヤですよ。

コメントする