You are here: Home > 使えるグッツ > センサーライトの改良

センサーライトの改良

前回バッテリーの追加をしましたが、

点滅について改良しました。

点滅の原因は点灯した時に周囲の物に反射して、

センサーが誤作動する事で起こります。

そこで、センサー(ソーラーパネル)を周囲の反射の光を遮断させます。

物理的に遮断パネルを貼るだけです。

この位置にセンサーがあると、点灯した時に右の壁に反射し、

センサーが明るいと判断して消灯します。

しかしまた暗いと判断し点灯します。これを暫く繰り返してしまいます。

 

そこで、

 

反射を防ぐため遮断パネルを追加します。

使わないポイントカードを両面テープで貼るだけです。

カードは余っていたミラーカッティングシートを貼ってありますが、

見た目が良いだけのためです。

これでセンサーの誤作動を防げます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

1つのコメント こちらの記事に➡ “センサーライトの改良”

  1. fu より:

    結局ダメダメです。
    バッテリーを追加したところで、充電量が不足しているので、2ヶ月で点灯しなくなりました。
    充電量と、蓄電量、発光時間の相対的な割合が悪いので、
    結論は役立たずのセンサーライトと言う結論です。

    この後、ACアダプターを使ったセンサーライトに改造します。

コメントする